So-net無料ブログ作成

ゴニョゴニョ。。。 [Zaurus SL-C3200]

以前、ちょっとお話しした「ゴニョゴニョ。。」の件。

SL-C3200のキーボードって、どうも見づらいと思いませんか?
特に、ちょっとした暗がりや、ベッドサイドの明かりなどでキーボードを使うとき。

画面の光の反射で、キーの文字は見えづらいし、ファンクションキーの青い文字なんか、全く見えませんよね。
おまけに、変に飾ったアルファベットを使っているから、わかりづらい。。(-_-;)

そこで、ずっと考えていたんですよ。キーボードを交換しようかな、って。SL-C3000のものと。。。

キーボードを交換といっても、ファンクションキーの文字って、躯体に印刷してあるように見えるじゃないですか。
だから、本体のガワの部分をそっくり交換しなければならないな、って思っていたんです。
ガワをそっくり交換、っていうことは、ディスプレイのコネクターもはずし、ほとんど分解しなければならない。。。
「レンガの恐怖」が、私を襲ってきました(>_<)

でも、よーーーーく見ると、ファンクションキーの部分って、印刷したシールが貼ってあるんですよ\(^O^)/
「これなら、交換できる!!」と思い、さっそくそのシールを剥がしにかかりました。

折り目などを付けないように慎重に、ゆっくりと_(._.)_

と、見事にきれいに剥がれてくれました。裏の糊は、半分ぐらい付いた状態でした。

剥がしたって、交換するやつがないじゃん、とお思いでしょう。
でも、私には、レンガがあるのです。SL-C3000の。。。(T_T)

最初に剥がしたのは、SL-C3000のシール。
次に分解して、キーボードのキーが付いたゴムシートを取り出しました。
同じく、SL-C3200のキーシートとファンクションキーのシールを剥がし・・・・。
SL-C3200の分解は、もう、ドキドキもんでした。。。
また「レンガの恐怖」が。。。(>_<)

で、無事キーシートとファンクションキーのシールを、SL-C3200に移植。
ちなみに、私のSL-C3200は、購入した段階で、ラメの入ったグレイのディスプレイ部分と、真っ黒けの安っぽい底の部分が嫌だったので、すでにSL-C3000のホワイトのものと交換してあります。

つまり、見た目はSL-C3000なのですが、実は中身がバリバリにチューンされたSL-C3200なのです。
SL-C3150ってとこでしょうか。。(^_^)v

ハイ。  自己満足の世界でした。。。。m(_ _)m

<追伸>
「シャープ・エンジニアリング」に問い合わせたところ、SL-C3000用のキーが付いたゴムのシートは3500円前後で販売してくれるそうです。ファンクションキーのシールは、「展開図にない」と言っていたのですが、たぶん私の説明不足だったと思います。たぶん、あるのではないかと思いますが。。。
興味のある方は、問い合わせてみてくださいな。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。